迷っている人の為の大人の歯科矯正まとめサイト

>

矯正歯科で後悔しない為に

ワイヤーを使った治療法

まず、ワイヤーを使った治療法を紹介します。

●金属ブラケット
昔ながらの金属のワイヤーを歯の表側に取り付ける方法です。

メリット
・比較的安価
・殆どの症例の治療が可能
デメリット
・金属のワイヤーが目立つ
・金属アレルギーの人は向かない

●クリアブラケット
仕組みは金属ブラケットと同じですが、透明な非金属製ワイヤーを使います。

メリット
・透明のワイヤーを使う為目立たない
・殆どの症例の治療が可能
・金属アレルギーの人も使える
デメリット
・金属ブラケットに比べると費用がやや高い

●裏側矯正
歯の裏側にワイヤーを装着する方法。

メリット
・器具が外から見えにくい
・歯の裏側から引っ張る形の矯正になる為、前歯を引っ込める矯正に向いている
デメリット
・費用が高額
・器具が舌に当たる為、慣れるまで違和感を感じやすく発音がしにくい

マウスピースを使った治療法

次にマウスピースを使った治療法です。

●マウスピース矯正
ワイヤーを使わずに、口の中を3Dスキャンして作ったマウスピースをはめることで矯正する方法です。
メリット
・薄く透明であるため気づかれにくい
・取り外しが可能な為、食事や歯磨きの時にストレスを感じない
・一度に複数のマウスピースを作り、定期的に自分で付け替える事ができるので、通院回数を抑えられる
・金属アレルギーの人もできる
デメリット
・歯にねじれがある、奥歯の噛みあわせの調整の必要がある、抜歯の必要があるなど、歯を大きく動かす矯正には不向き
・歯ぎしりなどで割れてしまうことがある
・長時間マウスピースで歯を覆う為、唾液の流れが悪くなり、虫歯のリスクが高まると言われている


この記事をシェアする