迷っている人の為の大人の歯科矯正まとめサイト

>

大人の矯正歯科メリット・デメリット

大人の矯正歯科のメリット

矯正歯科は子供の時期にやるほうが適しているように言われてきましたが、むしろ成人しているからこそのメリットも幾つか存在します。
1、顎の成長を計算したり乳歯から永久歯への生え変わりを考える必要がない為、歯を動かすことだけに重点を当てることができ、計画的に進めやすい。
2、子供と違って自分の意志で初める為、治療に前向きで続けやすく、毎日のケアもしっかりやることで不慮のトラブルも起こりにくい。
3、幾つかの矯正方法の中からメリット・デメリットの説明を受け、理解した上で全て自分で選択することができる。
4、歯科医院に通うことで矯正治療を受けながら口腔内の健康状態を定期的にチェックしてもらえる。
これら4点がメリットと言えると思います。

大人の矯正歯科のデメリット

さて今度は、デメリットの方を挙げていきます。
1、大人の歯は子供の歯に比べしっかり生えている為、移動がゆっくりになったり、移動した歯が元に戻ろうとする力も強いため定着するのに時間がかかるケースがあるようです。
2、治療の期間が伸びればその分費用も多少高くなることも覚悟しておきましょう。
3、大人の歯の矯正には発育途中である子供の矯正と違い、顎の骨の成長を活かすことができないので、どうしても移動した歯を収めるスペースが足りない場合、最終的な手段として抜歯が必要になることがあります。
4、大人の矯正歯科には顎関節症のリスクが上がるというデメリットもあります。大人の場合、噛みあわせが悪くても、悪いなりに噛みあわせが確立してしまっているので、歯並びを変えることで顎関節症になってしまうということも、稀にあるようです。


この記事をシェアする