迷っている人の為の大人の歯科矯正まとめサイト

>

矯正歯科は大人になってからでも遅くない

歯並びの悪さが引き起こす様々な健康リスク

歯並びの悪さが引き起こす健康面の問題として、まず歯並びが悪いと歯磨きの時に磨き残しが多くなり、歯垢や歯石が溜まりやすい為、口臭や虫歯、歯周病の原因になります。
また、歯並びが悪いと当然噛み合わせも悪くなります。長年にわたって噛み合わせが悪いままにしていると、徐々に顔のバランスが歪んできたり、姿勢が悪くなったりします。
噛み合わせが悪いと噛む力も弱くなる為、脳への刺激が低下し将来的に痴呆の原因にもなるとも言われています。
そして、食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまうことが多くなるので、消化器官に負担がかかります。
このような様々なリスクがあることを考えると、歯並びはやはり早めに直したほうが良いのではないでしょうか。

歯周病という恐ろしい病気

歯並びが悪いとなりやすいという歯周病の怖さについて少しだけ掘り下げて見ようと思います。
歯周病は初期症状としては歯茎に炎症が起きるくらいで自覚症状は殆どありませんが、重症化してくると歯茎の下の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうという病気です。
しかし歯周病の怖さは歯を失うことだけではありません。歯周病は口の中だけの病気と思われがちですが、全身に様々な病気を引き起こす可能性があります。
歯周病菌は口の中の腫れた歯肉から血管を使って全身に流れて行ってしまうので、動脈硬化による心臓病や脳血管障害を引き起こしたり、歯周病の人の血球に増加する炎症性サイトカインという物質が、血糖値を下げようとするインスリンの働きを邪魔して糖尿病の症状を悪化させてしまったり、また最近では、重度の歯周防患者は、歯周病ではない人に比べて2.4倍癌になりやすいという研究結果もあり、癌との因果関係も疑われています。


この記事をシェアする