迷っている人の為の大人の歯科矯正まとめサイト

大人になってからでも始められる矯正歯科

矯正歯科は大人になってからでも遅くない

矯正歯科は、歯並びや口周りの形などを整えてコンプレックスを取り除くものだと思っていたのですが、調べているうちに見た目を変えるだけでなく、健康面でも様々なリスクを取り除いてくれるものだとわかりました。 ここでは、歯並びの悪さが引き起こす様々な健康リスクを紹介します。

大人の矯正歯科メリット・デメリット

そろそろ今回のテーマである大人になってからの矯正歯科に話の焦点を戻しましょう。 大人の矯正歯科は、子供の矯正歯科に比べて、どうゆうメリットやデメリットがあると思いますか? 後で後悔したりすることがないよう、事前にしっかりと理解しておきましょう。

矯正歯科で後悔しない為に

時代と共に矯正器具の開発は進み、目立たない器具や見えない器具などを使った色々な治療法が誕生しているようです。 実際にお医者さんとよく相談した時にあなたの歯並びやライフスタイルに合わせてベストな選択ができるよう矯正器具や治療法の特徴をよく理解しておきましょう。

おすすめリンク

四条の歯医者の口コミ

四条の歯医者はどこが人気?歯科医や歯科衛生士の話し方や態度まで細かくチェックしました。

矯正歯科は見た目を変えるだけじゃない

子供の頃から歯並びがコンプレックスで矯正歯科をしようか迷っていたけど、矯正器具の見た目の問題や、痛そう、違和感がありそうなど不安な点が多くて断念してしまったという方も多いのではないでしょうか?
ある会社が約2000人に行った「歯並びは第一印象を左右するか?」という調査によると、なんと驚くことに約8割の人が左右すると答えたそうです。
また、第一印象を良くするには笑顔が一番重要という心理学の研究結果もあるようです。
その事からも、歯並びや口元のコンプレックスを抱えたままで、歯を人に見られるのを嫌で隠したり、笑顔がうまくできなかったりすると、知らず知らずのうちに人に悪い印象を持たれて損をしてしまうこともあるかもしれません。

矯正歯科というと昔は、まだ成長途中にある子供が行うものというイメージがありましたが、矯正歯科は大人になってからでも遅くはありません。
虫歯や抜けた歯がある人は治療したあとでないとできないそうですが、基本的に矯正歯科は、歯と歯周組織が健康であれば何歳になっても可能らしいです。
また現在は昔に比べて、技術の進化や矯正器具の種類も増え選択肢が広がったことで、痛みの問題や矯正器具の見た目もかなり改善されてきていて、実際に大人になってから矯正歯科をする人が増えているそうです。
このサイトでは、大人になってから矯正歯科をしようか迷っているという方の為に矯正歯科の様々な治療法や器具の種類、それぞれのメリットやデメリットについてまとめてみました。